続報!新給付金、事業復活支援金について

前回、新給付金について、報道がなされた11月11日時点の情報を紹介いたしましたが、今回はその新給付金(事業復活支援金)の続報が出てきましたので、その内容について紹介いたします。

まずは、給付対象ですが、今回の「事業復活支援金」は、「新型コロナウイルス感染症により事業活動に影響を受け、2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上が50%以上又は30%以上50%未満減少した中堅・中小・小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者」となっております。

次に、給付要件や給付上限額等を記載いたします。
※以下記載する内容はあくまでも現時点での内容です。今後の政府の調整内容等により変動する可能性がありますので、ご了承ください。
・給付要件、給付上限額
新型コロナウイルス感染症により事業活動に影響を受けたことから、2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上が50%以上又は30%以上50%未満減少していること

※給付額の上限は設けられていますが、給付がなされるのはこれまで同様、あくまでも売上の減少分に対しての様で、こちらの計算方法は、おそらく持続化給付金の時と似た形の対象月の減少額×5で算出されるのだと思われます。

続いて、申請書類や申請方法ですが、申請書類については、現状以下の通りとなっております。
・確定申告書
・売上台帳
・本人確認書類の写し
・通帳の写し
・その他中小企業庁が必要と認める書類

また、申請方法については、原則電子申請での受付となっていますが、必要に応じて、電子申請に支障がある申請者の申請サポートを実施予定とのことです。
最後に事前確認についてですが、今回の「事業復活支援金」についても一時支援金や月次支援金と同様に事前確認が採用される様です。
その他、申請開始時期や新規開業特例等に関しては、現状まだ情報が出ていないので、今後発表後にまた紹介させていただきます。

以上、今回は前回同様「事業復活支援金」の続報について簡単に紹介いたしました。
尚、詳細に関しましては、以下、中小企業庁のWEBサイトリンクを記載いたしますので、そちらのページでご確認ください。
「中小企業庁、事業復活支援金」
今回の内容は、あくまでも現状判明している内容で、詳細はまだ調整中のものですので、変更等ある場合がございます。ご了承ください。
また、続報や詳細が決定し次第で情報発信予定ですので、宜しければブックマーク等をお願いいたします。

当事務所は、この他にも給付金や補助金の申請支援も積極的に行っております。
是非、お気軽にご相談ください。お問い合わせフォームは、こちら
お電話でのご相談は→

 

今後も補助金や支援金の情報、業務内容に関する記事等を週1回程度の頻度で掲載していきますので、是非、ご覧ください。
お時間があればこちらの記事も併せてどうぞ→10月分月次支援金詳細と各県の要請について11月中に第4回申請受付開始予定!事業再構築補助金のおさらいと主な変更点について9/16(木)より第4回申請受付開始!小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>について


国家資格である行政書士は、「身近な街の法律家」と呼ばれる各種行政関係手続の専門家です。

当事務所では、補助金や融資申請等の経営支援、農地転用等の各種許認可申請に加え、遺言書の起案、相続関係説明図や遺産分割協議書の作成等、相続関連業務にも幅広く対応しております。
尚、行政書士には守秘義務が課せられているので、相談内容等が漏れるといった心配もございません。
専門家として、具体的な手続きの流れや費用、メリット・デメリット等を、わかりやすくお伝えし、全力でお客様のサポートをさせていただきます。是非、お気軽にご相談ください。
ホームページは、こちら

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です