住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金10万円とは?要件を満たせば、家計急変世帯でも対象に、、、

家事都合により、投稿を少し休ませていただいておりましたが、本日からまた給付金や支援金、補助金等の情報、その他業務内容に関する記事を掲載していきますので、宜しくお願いいたします。

さて、早速ですが、今回は「住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金」について紹介いたします。
まず、こちらの給付金の概要ですが、内閣府の公表資料には、「新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯当たり10万円の現金を「プッシュ型」で給付する。」とあります。
上記の中の「プッシュ型」とは、簡単に申し上げると「行政側から住民税非課税世帯の方に対して給付に関する手続きのお知らせをする」ということです。
ただし、「プッシュ型」だから何もしなくても給付が受けられるということではないので、注意が必要です。
また、家計急変世帯については、「プッシュ型」ではなく、「申請手続き」が必要です。これらに関しては、ページ下部にてまた詳しく説明いたします。

続いて、対象者給付額、支給対象者の所得要件については、以下の通りです。

・対象者
基準日(令和3年12月10日)において世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯
※住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯を除く。


①のほか、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、①の世帯と同様の事情にあると認められる世帯(家計急変世帯)

・給付額
1世帯当たり10万円

・所得要件

尚、家計急変世帯の該当基準は、
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入が減少したこと
令和3年度分住民税均等割が課されている世帯員全員のそれぞれの年収見込額が市町村民税(均等割)非課税(相当)水準以下であること
で、判定方法のイメージ(東京都区部等での給与所得者での)は、以下の通りです。

※判定方法は、市区町村ごとに異なりますので、詳しくはお住いの市区町村ホームページ等でご確認いただくか、お問い合わせをしてください。

尚、給付に関しては市区町村が実施主体となり、行うもので

住民税非課税世帯:基準日(令和3年12月10日)時点で住民基本台帳に記録されている市町村

家計急変世帯 :申請時点の住所地市町村

となっております。
このことに付随して、給付時期については、「準備が整った市区町村から、出来るだけ速やかに開始」で、早い地域については、既に給付が始まっているところもあるようですが、1月下旬以降から確認書の発送等が始まる自治体が多いようです。
お住まいの自治体がいつから開始するのかは、「○○○(お住まいの市区町村名) 住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金」で検索されると出てくるかと思いますので、宜しければお試しください。

では最後に、「住民税非課税世帯」と「家計急変世帯」それぞれの手続き方法について内閣府公表のリーフレットより紹介いたします。



尚、当事務所の所在地である「愛媛県松山市」では、1月下旬に専用のコールセンターを設置予定で、その他の予定スケジュール等は以下の通りとなっております。

・「住民税非課税世帯」
対象となる可能性がある世帯には、松山市から給付内容や確認事項が書かれた確認書が届く予定で、口座情報等の内容を確認して、松山市に返送
【発送開始】令和4年2月中旬予定
【給付開始】令和4年2月末頃から順次給付予定
【返送期限】令和4年5月中旬予定
※令和3年12月10日時点で松山市以外に住民登録があった場合は、そちらの市区町村から確認書が届く予定。

・「家計急変世帯」
2月中旬から申請書を配付する予定で、1月下旬に開設する専用のコールセンターにお問合せいただくか、ホームページもしくは支所の窓口等でお受け取り
【申請受付開始】令和4年2月中旬予定
【給付開始】申請受付後、審査が完了したものから2月末以降、順次給付予定
【申請期限】令和4年9月30日(金曜日)

松山市での手続き方法等含め、また詳細、追加情報等が出ましたら、紹介させていただこうかと思っています。
以上、今回は「住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金」について紹介いたしました。
尚、詳細に関しましては、以下、内閣府と松山市のWEBサイトリンクを記載いたしますので、そちらのページでご確認ください。
「内閣府、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について」
「内閣府、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について(概要)」
「内閣府、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金リーフレット」
「松山市、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について」

宜しければ、こちらの記事も併せてどうぞ→事業復活支援金、1月中旬に公募要領公表?申請受付開始はやはり2月以降か、、、

当事務所は、この他にも給付金や補助金の申請支援も積極的に行っております。
是非、お気軽にご相談ください。お問い合わせフォームは、こちら
お電話でのご相談は→

今後も補助金や支援金の情報、業務内容に関する記事等を週1回程度の頻度で掲載していきますので、是非、ご覧ください。


国家資格である行政書士は、「身近な街の法律家」と呼ばれる各種行政関係手続の専門家です。

当事務所では、補助金や融資申請等の経営支援、農地転用等の各種許認可申請に加え、遺言書の起案、相続関係説明図や遺産分割協議書の作成等、相続関連業務にも幅広く対応しております。
尚、行政書士には守秘義務が課せられているので、相談内容等が漏れるといった心配もございません。
専門家として、具体的な手続きの流れや費用、メリット・デメリット等を、わかりやすくお伝えし、全力でお客様のサポートをさせていただきます。是非、お気軽にご相談ください。
ホームページは、こちら

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。